薄毛に悩む方に大人気のフィナステリド製品

男性の薄毛や脱毛などを総称して、男性型脱毛症(AGA)とも呼びます。そのAGAの治療薬(成分)として注目されているのがフィナステリドです。これは、アメリカに本社を置くメルク社が開発した薬で、主に前立腺肥大症や前立腺がんに対して利用されるものです。
また、その後の臨床試験の結果から前述のようにAGAの治療薬としての認可も受け、プロスカーやプロペシアの商品名で全世界で発売されているものです。なお、その販売金額自体は安いものの、ジェネリック医薬品ではありません。
プロスカーとプロペシアとの違いは、その有効成分の違いでプロペシアはフィナステリドを1mg、プロスカーは5mg含有となっています。
これは、前述にように元々は、前立腺肥大症の治療薬と開発されたもので、同成分の必要量が5mgと定められているためです。
注意すべき点として、何度も申し上げているように、プロスカーは前立腺肥大症の治療を目的としている為、そのまま服用するとAGAの治療薬としての位置付けで言えば、成分の過剰摂取となってしまいます。この為、錠剤を5分割程度にして服用する必要があります。
また、継続は力なりとの言葉がありますが、プロスカーも長期間の服用によりその効果が更に期待されるという臨床結果が出ています。過去の日本国内で行われた臨床試験では、1年間服用後で髪が増えたと感じた方は約60%でしたが、3年間服用後の方については約80%と非常に高い数値となりました。加えて、3年間服用後に髪の変化は無い(いわゆる髪の毛が減っていない・現状維持)と答えた方を含めればほぼ100%に近い効果を得られたとの結果が出ています。
まさに薄毛に悩む方にはうってつけの医薬品であると言えるのではないでしょうか。